2013年02月01日

ぶらり、馬肉の若丸の「馬肉ゴボウ煮」を食べてみた

umagobou_01.JPG

早い物で2013年も1が終わり、2月に突入しました。

さて、今回は「馬肉ゴボウ煮」です。

激寒の日が続いて、まったくといっていいほど通勤・買い物以外に自転車に乗っていません。
寒い季節は熱燗が恋しくなります。料理もうまい。なのでリバウンド気味になっています。

さて、先日も新潟で地酒を大量に仕入れてきました。
なので、帰宅が遅くなってもお手軽に晩酌ができる「肴シリーズ」です。


umagobou_11.JPG

「男の厨房」シリーズですが、ゆえに今回もレトルトです。スミマセン...orz。
調理といえば湯煎するだけ。あとはネギを刻んでまぶすだけ。

少し前に紹介した「馬ホルモン味噌煮」といっしょに同梱パックで、「馬刺し肉」といっしょに購入したものです。なので購入先はいつもと同じ馬肉専門店「若丸」さんです。

umagobou_02.JPG

定価は200gで800円ですが、同梱パックで500円。
でも小鉢一皿で500円はちょっと高いかな〜。

まあ、小料理屋の味が自宅で気軽に食べられるので、それを考えるとトントンでしょうか。
味はやや控えめで、淡麗な日本酒によくあいます。

ご飯のおかずにする場合は、ちょっと醤油・七味を足したほうが良いかもしれません。

そうそう、最近は年末年始に購入した三重県の地酒と滋賀県の地酒を中心に飲んでいます。
日本酒ブログ「一路一会のぶらり、地酒日記」も見てください。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ


posted by 太泉八雲 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 別冊・男の厨房
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61943679
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック