2013年05月04日

ぶらり、SILVA「Velo」LEDフロントライトをORBEA ORCAに着けてみた

silvavelo_orca_02.JPG

北欧スウェ−デンのアウトドアメーカーが造った、フランス語で”自転車”を意味する「VELO」の銘を持つヘッドライトを29erのGARY FISHER Paragon装着に続いて追加購入したのは、2台のロードバイク用でした。

すっかり惚れ込んでしまいました。

ヘッドライトはスウェーデンですが、ORBEA ORCAはスペインです。
まあ、どうでもいいことですが。

取り付けてみると、まあこんな感じです。
いいですね〜。

silvavelo_orca_05.JPG

でもちょっと取り付けに手間取りました。
MTBのフラットハンドルとはやっぱり勝手が違いました。

ORBEA ORCAに装着しているカーボンハンドルは上部の持ち手部分が偏平形状になっていました、真円の部分はステムがクランプするわずかな部分です。

そして、ワイヤー類もハンドルにぴったし這っているのでね。

silvavelo_orca_06.JPG

SILVA「Velo」フロントライトの唯一のウィークポイントはハンドルへの取り付けがベルトではなくクランプ式になっている事。ゴムのスペーサーが付属していますが、基本的に真円のハンドルにしか取り付けられません。

ヘッドライトがかなりステムに覆いかぶさっています。
まあ、センターに来ているという事で見ると良い事なのですが、GPSとかいろいろ装備品の配置を考えるともう少し外側に寄せたい。

でも、こんどはワイヤー類が邪魔をして取り付けが困難に...。

silvavelo_orca_03.JPG

正直「しまった〜」と思いましたよ。

ちゃんとGARY FISHER Paragonに取り付けたライトで取り付けテストを試みるべきでした。

2個も買ってしまって後の祭りですので、意地でも取り付けに奮闘しました。

silvavelo_orca_07.JPG

で、まあご覧の通りなんとか取り付けに成功!
成功というか、妥協して、無理して取り付けました。

ロードバイクのハンドルに取り付けると、結構大きいですね。
運転ポジションから見るとこんな感じです。
夜間には上部のボタンも蛍灯が点灯するので、いい感じです。

silvavelo_orca_09.JPG

ヘッドライトの首が上下に旋回するので、ワイヤーとの関係から「へ」の字になっています。

反対側に付いているGPS取り付け用のステーとの位置関係を見ると一目ですが、いざGPSを取り付ける時はまた検討が必要です。
今回はとりあえずヘッドライトの取り付けを優先。
その他の事は先送りです。



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ



SILVA LEDヘッドランプ VELO

SILVA 自転車用LEDフロントライト「 VELO」
価格:5,800円(税込、送料別)

posted by 太泉八雲 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パーツ&コンポーネント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66459804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック