2013年08月11日

2013年夏支度・4DM(フォーディーエム)バイシクルジャージ&バイシクルショーツ を買ってみた

4dm_01.JPG

今年新調したもうひとつの夏ウェアは

4DM


です。4DM(フォーディーエム)と読みます。
http://s-zenoah.co.jp/4dm/(株式会社ゼノア)

わが家で夏・冬と愛用しているウェアの一つに「2XU」があります。
こちらは2XU(ツー・タイムズ・ユー)と読みます。オーストラリアのメーカーです。

4DM(フォーディーエム)は偶然今年知って出会ったブランドですが、こちらは日本のメーカーです。

4dm_03.JPG

4DMという名称の由来は、コンプレッションウェアでは一般的となっている3次元の立体裁断に「動き」の要素を加えた4 Dimension Motion Cutting System(4次元動体裁断)の意味だとか。

まあ、その辺はどのメーカーも研究及び実証済みだと思いますが、まあ...言った者勝ちといったところでしょうか?

メーカー曰く「少しでも速く走りたい。故障をせず、万全な状態で走りたい。そう願うすべてのランナーに応えることのできるコンプレッションウェア。それが、皮膚と同化する一体感を追求し、立体裁断より一歩進んだ“4次元動体裁断”を採用した4DM(フォー・ディー・エム)です。」

ただ、注目すべきは日本のメーカーである事に加えて、原材料から縫製、染色まで国内で行われているらしい事。

純粋なMade in Japan。

4dm_05.JPG

アスリートの骨、筋肉の動きを100%引き出す、高い運動機能表現を可能にする複雑な4次元動作裁断の為、国内の高い技術を要した職人が1枚1枚丹念に仕上げているそうなのです。

まあ、海外で製造するとなった場合、ある一定以上の数を発注しないと採算が合わないというのもありますので、まだまだメジャーなブランドではない今、とりあえず少量国内生産といったところかも知れませんね。

4dm_04.JPG

4DM(フォーディーエム) メンズ バイシクルジャージ

は全面が前回せず、胸元までファスナーで開く仕様。

夏ウェアはモノトーンを基本としているのですが、赤いラインが写真で見た以上に鮮やかなアクセントになっていました。

4dm_06.JPG

背中のポケットにはファスナーのついた小ポケットもあります。

ここに何を入れるかすぐには思いつきませんが、ああ家の鍵でも入れるかな?

4dm_07.JPG

4DM(フォーディーエム) メンズ バイシクルショーツ

ショートパンツですが、コンプレッション仕様です。

4dm_08.JPG


パッドは定評のあるイタリアのCytech(サイテック社)製のものだとか。
まったく知らないメーカーですが、ゴールドウィンとかボントレガー(TREK)とか国内外のウェアで採用されているパッドの様です。

4dm_09.JPG

4DMのバイシクルショーツは色がブラックとホワイト&ブラックの2色がラインナップされていますが、すでにブラックは在庫無しの状態でした。モデルチェンジするのかな〜?

でもまあ、今回の4DMのウェアを含め、他の今まで着用しているモノトーン系のウェアと合わせる意味でも、ホワイト&ブラックでも良かったのでポチッと。

これが良かったら、これから一目おくウェアメーカーの一つとなる事ですね。

今日は都内でも気温が40度ちかくにまで達しました。
これはもう標高の高い避暑地にいかないと、自転車は乗れませんね?
と軟弱な言い訳を...。


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ




posted by 太泉八雲 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェア・メット・シューズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72306523
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック