2013年08月15日

ぶらり、麺処 井の庄(石神井公園)の辛辛魚つけ麺を食べてみた

inoshou_04.JPG

今年のお盆休みは、まとまった連休が取れないので自宅で過ごしています。
ひさびさにラーメン巡りを行いました。

まず最初は石神井公園にある麺処「井の庄」。
カップラーメンにもなっている有名店らしいですが、今回まで知りませんでした。

inoshou_02.JPG

場所は西武池袋線の石神井公園駅南口から徒歩1分。
茶色いマンションの地下商店街にあり、少しわかりづらいです。

地下に降りるとシャッター商店街と化しており、階段を下りてすぐの一番大きな店舗に目的の麺処「井の庄」はありました。
といっても看板が出ている訳でもありません。

元々は他のレストランだったのでしょうか?居抜き物件そのまま、といった感じです。
でも、有名店。開店時間に言ったのですが、店内は満席。券売機で食券を買って、待合席に並びました。

inoshou_05.JPG

麺処「井の庄」といえば、「辛辛魚つけ麺」850円という事で、辛党としても素通りする事はできません。
ちなみに暖かいラーメンの「辛辛魚ラーメン」もあるようですが、暑い中自転車で走ってきたので、今日はつけめん。

麺は無料で中盛りも選べます。
もちろん中盛り。

また、他の常連さんが「ネギ多め」と言っていたので、
ネギ好きとしては見過ごせません。同じように注文しました。

あと、辛さも選べます。
もちろん「辛目」で。

inoshou_06.JPG

客の回転は速く、5分ほどでカウンター席に。
食券は注文と同時に店員に渡してあるので、着席してから2分ほどで「辛辛魚つけ麺」が出てきました。


麺はオプションで極太麺も選べます。
ただ私は太い麺は好きではないので、ふつうのまま。
他のお客さんも極太麺を注文している人は誰もいないようで。

inoshou_07.JPG

麺はもちもちしていて、硬すぎず食べやすいです。

inoshou_08.JPG

スープは熱くなく、逆にちょっとぬる目。
豚骨ベースで濃厚です。
上の唐辛子粉は魚粉とのミックス。
スープの上には自家製のラー油が掛かっています。

激辛になれているので、それほど辛さは感じません。
濃厚なスープと相まって、マイルドな辛さ。あとからジワジワと汗が噴き出してくる辛さです。

inoshou_09.JPG

スープの中には角煮のようなチャーシューのブロック肉がゴロゴロと4〜5個は入っていました。

このシャーシューのブロック肉がまた食感のアクセントとなっていて、しかも旨い。
濃厚な付け汁もあって、麺によく絡み、食べ終わる頃にはほとんど汁が残りません。いいね。

いや〜うまかった。
ごちそうさまでした。


次回は暖かい「辛辛魚ラーメン」かな?

麺処 井の庄(食べログ)

03-3997-1631
東京都練馬区石神井町3-25-21 ライオンズプラザ B1F
平 日/11:00〜15:00・17:30〜22:30
土日祝/11:00〜22:30
(但しスープが無くなり次第終了)
年中無休



この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ


この記事へのコメント
これはまた、美味しそうですね!!(笑)
最近は僕もポコさん☆もつけ麺にハマっていて、よく行ってますよ!!(笑)

これは関東方面にもまた遠征したくなる・・・!!(笑)
つけ麺の本場はやはり関東ですね!!(笑)
Posted by yosshu0715 at 2013年08月16日 12:34
実は、今まで「つけ麺」はあまり食べなかったのですが、最近すこしづつはまりはじめています。

東京にはおいしいラーメン屋さんが沢山ありますが、私は関西のラーメン屋さんの方が好きな店はおおいですね。
Posted by 太泉八雲 at 2013年08月16日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72498673
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック