2013年11月08日

ぶらり、Audi A4アバントで長野東信の酒蔵巡りをしてきた【後編その2】

audia4sakagura_100.JPG

Audi A4アバント長野東信の酒蔵巡りもついに最終章です。

信州中野や松本・大町エリアを駆け回って、東信エリアは城下町小諸からスタート。
佐久市中心部の酒蔵3箇所を廻りながら、佐久甲州街道を南下していきます。


佐久市の中心部、岩村田から南へ約5km。佐久市中込地区。旧中込町は群馬県富岡へと至る富岡街道(現在の国道254号)と佐久甲州街道(現在の国道141号)との交差点に発達した町で、この町には3軒の酒蔵があります。

audia4sakagura_123.JPG

中込中心市街の北側に広がる田園地帯の一角に建つ「亀の海」を醸す土屋酒造店は明治33年創業の小さな酒蔵です。でも豪農のような大きな主屋を持っています。ちょっとレトロな店舗はリニューアル改装中でした。
結構オシャレな店舗になりそうで、完成したころに足を運んでみようと思います。

株式会社土屋酒造店
長野県佐久市中込1914-2
0267-62-0113

audia4sakagura_126.JPG


中込の中心部、鎌倉時代の豪族伴野氏の居城「伴野城跡」近くに構える「澤乃花」の伴野酒造は明治34年の創業。

「伴野城」は江戸時代に入っても岩村田藩の陣屋や郷倉などに利用され明治を迎えています。その近くにある「ぴんころ地蔵」で知られる野沢成田山薬師寺の門前参道にも古い町並みを発見しました。ちなみに「ぴんころ」の意味は「健康で長生きし(ぴんぴん)寝込まず楽に大往生する(ころ)」の略だとか。


伴野酒造株式会社
長野県佐久市大字野沢123番地
0267-62-0021

audia4sakagura_130.JPG

次はJR小海線を越えて東へ国道254号線を少し走った平賀という場所にある「芙蓉」を醸す芙蓉酒造へ。蔵は明治20年の創業です。富岡街道沿いのこの平賀には上宿、中宿、下宿という地名が残ることから、かつては富岡街道の宿場町だった事が伺えます。しかし現在は芙蓉酒造の白壁以外に往時を偲ばせる建物は見あたりません。

芙蓉酒造協同組合
長野県佐久市平賀5372-1
0267-62-0340

audia4sakagura_135.JPG

中込地区を出発、約4kmほど南下した(旧)臼田町は江戸時代に田野口藩の陣屋町として発展した町です。ちなみに明治維新直前に田野口藩から龍岡藩に改称。町の中心から東へ約2kmの場所には国内で函館の五稜郭と2つしか存在しない、五芒星形の西洋式城郭である龍岡城が残されており、同名のJR小海線の駅もあります。

この(旧)臼田町地区にも3軒の酒蔵があります。

audia4sakagura_140.JPG

町の中心部に蔵を構える「菊秀」の橘倉酒造は記録上の創業は元禄9年(1696)とされますが、それよりもずっと以前から酒造りを行っていたと言われています。古くは平安時代の豪族だったという旧家で、現在の酒蔵の規模からもかなり有力な家柄だった事が伺えます。

橘倉酒造株式会社
長野県佐久市臼田653番地2
0267-82-2006

audia4sakagura_154.JPG


続いて佐久甲州街道の旧道沿いに構える「佐久乃花」の佐久の花酒造は明治25年創業。街道風情を色濃く残す重厚な佇まいの商家はこの佐久エリアで最も稀少な伝統的建造物です。現在では小さな石高の酒蔵でですが、実は最近首都圏で注目を集めはじめている蔵の一つです。

audia4sakagura_156.JPG

佐久の花酒造株式会社
長野県佐久市下越620
0267-82-2107

(旧)臼田町には3軒の酒蔵があると言いましたが、うっかり残り1軒をリストから見落として先に進んでしまいました。日の終わりが近づいていて、焦ってしまった結果の失敗でした。

「初鶯」を醸す木内醸造は町の北西郊外、大沢地区に蔵を構えます。ちなみにそこまで行かなくとも蔵元直営店の木内醸造・中込支店が臼田駅前の商店街にあります。
とりあえず今回は蔵の紹介だけ。この蔵もまた、帰農する昔はこの地方を治める豪族でした。

木内醸造株式会社
長野県佐久市大沢985
0267-62-0005

audia4sakagura_159.JPG

佐久甲州街道を下っていくと、旧八千穂村の穂積地区に「井筒長」の黒澤酒造があります。7年ほど前に町並み撮影で訪れ、長野県の酒蔵の中で初期の頃に買った地酒がこの「井筒長」とは別ブランドの「まると」でした。
なつかしいな〜。黒澤酒造の創業は安政5年(1858)です。

黒澤酒造株式会社
長野県南佐久郡佐久穂町大字穂積1400番地
0267-88-2002

audia4sakagura_169.JPG

そしてこの黒澤酒造のある穂積地区は、佐久甲州街道の中でも、最も美しい街道風情を色濃く残す集落でもあります。さらにこの穂積地区から(旧)佐久町、(旧)臼田町にかけての街道沿いにも古い家並みが多く残されています。

audia4sakagura_164.JPG

日もだいぶ傾いてきたので、家路に着くことにしました。
本日の佐久エリアの酒蔵で、唯一木内醸造を残した事に気がついたのは、自宅に戻って翌日の事。

しかし、またこの地へと来る理由ができました。
その時のメインテーマは久々の古い家並み探し&家並み巡りです。
それも、そう先の事では無いような気がします。

おしまい。


本日の走行距離:約700km


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80236466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック