2014年01月19日

MAVIC キシリウムSLSの修理完了!とスプロケを12-27に替えてみた

105koukan_01.JPG

沖縄旅行の悪夢。
その最後の『後片付け』である、MAVIC キシリウムSLSの修理が完了しました。
これで嫌な記憶を全て忘れられます。(かも)

破損したジクラルスポーク2本500円+工賃2,000円

合計3,000円でした。

同時にブレ取りも行われていて言うことなし!!

いや〜よかった、よかった。

交換されたスポークにはテープで印がしてありました。

>>続きを読む:MAVIC キシリウムSLSの修理完了!とスプロケを12-27に替えてみた

2014年01月13日

破損したMAVIC キシリウムSLSを修理に出しましたの巻

tabiafter_04.JPG


沖縄からもどって、最後の後片付けです。

長い下り坂で、橋梁の段差を越えた時の衝撃で落下したデジカメSONY DSC-RX100を巻き込んでスポークが折れ曲がった後輪のMAVIC キシリウムSLS。

一番新しいこのホイールを沖縄に持ち込んで、またかのアクシデントに意気消沈。

なんとかその記憶を忘れようと、自宅に戻ってすぐにデジカメSONY DSC-RX100は買い換えました。

そして西濃運輸のカンガルーイベント便で自転車が沖縄から戻ってきたのはさらに1週間後。


>>続きを読む:破損したMAVIC キシリウムSLSを修理に出しましたの巻

2013年09月03日

ぶらり、2013年夏。MAVIC(マヴィック)キシリウムSLSを買ってみた編【3】

ksyriumslsorca_12.JPG

MAVIC キシリウムSLSをORBEA ORCAに履いてみました。
そして走ってみました。

「おお!何か軽い!!」

軽いホイールですが、漕ぎ出しも軽いです。

漕いだ瞬間軽くてキレのある加速。

>>続きを読む:ぶらり、2013年夏。MAVIC(マヴィック)キシリウムSLSを買ってみた編【3】

2013年09月01日

ぶらり、2013年夏。MAVIC(マヴィック)キシリウムSLSを買ってみた編【1】

ksyriumsls_12.JPG

先週は急に気温が下がり、早朝は少し肌寒く、日中も過ごしやすい日々が”2日間”だけ続いて、今年の夏の終わりを実感しちゃったりしてみたものの、また猛烈に暑い週末となりました。

天気予報では雨もささやかれていましたが、とにかく晴れ&晴れの2日間。
熱中症になってしまいそうなので、自転車での遠出は断念。

とりあえず、冷房の効いた部屋の中で、新しく届いたホイールを箱から取り出してみる事にしました。

じゃじゃ〜ん。

MAVIC(マヴィック)キシリウムSLS〜!!

またまた、やってしまいました。

>>続きを読む:ぶらり、2013年夏。MAVIC(マヴィック)キシリウムSLSを買ってみた編【1】

2013年08月31日

ぶらり、2013年夏。何かまた新しいホイールが届いた〜!?

ksyriumsls_01.JPG

わが家にこの夏、また大きな箱が届きました。

今回は海外ではなく国内からの物です。

>>続きを読む:ぶらり、2013年夏。何かまた新しいホイールが届いた〜!?

2013年08月24日

ぶらり、Hutchinsonのシーラント剤『Protect'air MAX』をぬりぬりパンク修理大作戦!

tubeless0816_01.JPG


ついにロードチューブレスタイヤ用のシーラントを購入してしまった...。

あのタイヤの中がゲロゲロのエイリアンの寝床のようなグロテスクな世界になることで知られ、また最悪の場合ホイールのリムを腐食させるという事で一部ホイールメーカーからその使用が禁止されている「あれ」をです。

購入したのはタイヤがHutchinson(ユッチンソン)ということで、とりあえずユッチンソン純正の『Protect'air MAX(プロテクト・エア・マックス)』にしました。

まあ、総額3万円近い2セット4本のチューブレスタイヤを無駄にする訳にはいかないので、悩んだ末の苦渋の決断。って、もっとも最初にチューブレスタイヤを買う時からある程度決意はしていたのですが、いざ買って組んでみると、なんと!!シーラント無しでもエアが漏れないではないですか!!

なので、大喜びで半年間シーラント無しでチューブレスタイヤを運用してきたのです。

それでも、走行中の異物によるパンク対策はカバーされませんが、その時はチューブを入れて対応しようと考えていましたから。その方が楽だし。タイヤの脱着は別にして...。

それが何故か半年ほどたった今頃になって一晩で空になるほどエア漏れがしてきたのです。

>>続きを読む:ぶらり、Hutchinsonのシーラント剤『Protect'air MAX』をぬりぬりパンク修理大作戦!

2013年08月21日

HUTCHINSON Intensiveチューブレスタイヤのスローパンク...の怪

tubeless0815_01.JPG

8月もあっという間に終わろうとしています。
早いものです。

7月に発覚したHUTCHINSON Intensiveチューブレスタイヤの著しいスローパンク事件はまだ記憶にあたらしい事かと思いますが(もうだいぶ前の記事で忘れた?)、その後ず〜と放置プレイ状態でした。

しかしいつまでも放置しておくわけにもいかないので、ついに重い腰を上げる事にしたのです。

本当、重い腰。ハアって感じです。
だってチューブレスですから...。


>>続きを読む:HUTCHINSON Intensiveチューブレスタイヤのスローパンク...の怪

2013年07月29日

HUTCHINSON Intensiveチューブレスタイヤがスローパンクしていた!

uchikom01.JPG

それが発覚したのは、先日ひさびさに奈良へと旅立とうとした早朝の出来事でした。

東京駅発新幹線の始発に乗るべく4時に家を出発(自宅から東京駅まで自走)する段取りで、前日にはタイヤの空気圧もしっかりとチェックを行い万全の体制で臨んでいた...はずでした。

ここの所はずっとカンパニョーロ・BULLET ULTRA 50ばかり履いて乗っていたので、HUTCHINSON Intensiveチューブレスタイヤを履いたカンパニョーロ・ユーラス 2WAY-FITとフルクラム・レーシング12WAY-FITは、ここ暫く乗っていませんでした。

なので、2つとも空気が無くなっていたのです。しかしそれも自然の事と思い、疑う事なく前日に空気を補充。
今回の旅ではカンパニョーロ・ユーラス 2WAY-FITをチョイス。

翌朝、まだ真っ暗なうちに自宅を出発しようとした矢先、なんか乗り味がマイルドだな〜と立ち止まってタイヤを確認してみると、なっ、なんと!!エアが抜けているではないですか〜!!

自宅前で気がついて良かったです、本当に!!

>>続きを読む:HUTCHINSON Intensiveチューブレスタイヤがスローパンクしていた!

2013年03月16日

HUTCHINSONチューブレスタイヤと大格闘してみた。が玉砕しかもエア漏れまでの巻

tubelessfight_01.JPG

ロードチューブレスタイヤを導入してから半年が経ちました。

いまだに脱着にはタイヤレバーを使用していますが、そろそろいい加減素手で装着できるようにならないといけません。

という訳で、練習してみる事にしました。
その結果、大変な事になってしまったのですが、一つまた勉強する事もできました。

とりあえず、ネット上でいろいろな文献を拝見させていただいた上で作業に取りかかります。

練習台となるのは、今ちょうど車体から外されたままになっていたフルクラム・レーシング1です。
タイヤはもちろん「HUTCHINSON Intensive TUBELESS」。

>>続きを読む:HUTCHINSONチューブレスタイヤと大格闘してみた。が玉砕しかもエア漏れまでの巻

2013年03月12日

ORBEA ORCAにカンパのBULLET ULTRA 50を履いてみた

bulletorca_06.JPG

じゃじゃ〜ん。


うううううう....。

きゃ〜っ!きゃ〜っ!!

か、かっこいい...。かっこよすぎだぜ、オルカよ。

モノトーンのオルカとダークラベルのBULLET ULTRA 50が、まるで純正パーツのようにベストマッチング。

ディープリムホイールはやっぱカッコイイな〜。
ワイルドだぜ〜!!

>>続きを読む:ORBEA ORCAにカンパのBULLET ULTRA 50を履いてみた

2013年03月11日

カンパニョーロ BULLET ULTRA(バレットウルトラ)50 ダークラベル CULTを買ってみた

bulletultra_03.JPG

やってしまいました。
ついに、ディープリムホイールにも足を踏み入れてしまいました。
カンパニョーロ BULLET ULTRA 50 ダークラベルです。しかもCULT仕様です。

ディープリムのホイールには前々から興味がありましたが、正直今の自分には必要ないかな?と。

見た目はかっこいいけど、重いし、横風受けるし、なによりも高い。
それにチューブラー用だし、リムもブレーキパッドも特殊だし...運用がめんどくさそう。

で、最近ふつうのクリンチャータイヤが履けて、ブレーキパッドもそのまま使える、アルミとカーボンのハイブリッドなホイールが各社から出てきたわけです。

>>続きを読む:カンパニョーロ BULLET ULTRA(バレットウルトラ)50 ダークラベル CULTを買ってみた

2013年03月10日

HUTCHINSON(ハッチンソン)のチューブ700×20to25C・バルブ長80を買ってみた

hutchinson80_01.JPG

ロードチューブレスタイヤの話しの次の日の話しがチューブとは。
そう、チューブを買いました。

チューブレスタイヤと同じユッチンソンです。
なぜユッチンソンのチューブかというと、安かったからです。

信頼できるメーカーの中で、この手のロード用チューブの半分近い価格だったからです。
もちろん材質はブチルで、1本100gです。

型番はCV656931です。

でも、そんな事はどうでも良いのです。
なにせロングライド用に耐久性重視なわけですから。

>>続きを読む:HUTCHINSON(ハッチンソン)のチューブ700×20to25C・バルブ長80を買ってみた

2013年03月09日

カンパニョーロ ユーラスにもロードチューブレス・HUTCHINSON Intensive TUBELESSを装着してみたよ

tubelesseuras_11.JPG

表題のとおり、カンパニョーロ・ユーラス 2WAY-FITにもロード用チューブレスタイヤ「HUTCHINSON Intensive TUBELESS」を装着する事にしました。

カンパニョーロ・ユーラス 2WAY-FITはわが家で最初に買ったロード用チューブレスタイヤ対応ホイールでしたが、最初にチューブレスタイヤを装着したのは、その翌年に購入することになったフルクラム・レーシング1でした。

昨日までわが家のカンパニョーロ・ユーラス 2WAY-FIT(以下カンパ・ユーラス)にチューブレスタイヤを装着して来なかった理由は、ひとえにチューブレスタイヤよりもチューブドタイヤの方がタイヤ性能が高かったから。

まだ日の浅いチューブレスタイヤよりも、長い歴史を持つチューブドタイヤの方が、圧倒的にその性能が磨かれ成熟していたのです。一方のチューブレスタイヤは、とりあえず自転車のホイールでチューブレスを実現しました。からチューブドタイヤにもなんとか近づいています(現在進行形)な立ち位置です。

ではなぜ、今頃になってカンパ・ユーラスのタイヤをチューブレス化したか。
話しは長くなるので、詳細はまた後日の特集で...。

>>続きを読む:カンパニョーロ ユーラスにもロードチューブレス・HUTCHINSON Intensive TUBELESSを装着してみたよ

2012年09月30日

続・ロードチューブレスタイヤ【HUTCHINSON Intensive TUBELESS】初めての実走編

Roubaixtubeless2_04.JPG

前回、思わぬインプレ感想となったロードチューブレスタイヤ「ユッチンソン・インテンシブ・チューブレス(25C)」でしたが、今日はSPECIALIZED Roubaix SL3に履き替えた上で、あらためて乗ってみました。

って言うか...台風17号はいったいどこへいったのでしょうか?
朝から晴天。ちょっと風がありますが非常によさげな自転車日和です。

最近の天気予報は本当に当てになりませんね。偵察衛星を打ち上げるよるも先に気象衛星をどうにかして欲しいものです。
そんな事はどうでも良いので本題に。

>>続きを読む:続・ロードチューブレスタイヤ【HUTCHINSON Intensive TUBELESS】初めての実走編

2012年09月29日

ロードチューブレスタイヤ【HUTCHINSON Intensive TUBELESS】初めての実走編

flcramtubeless_02.JPG

久々に晴の週末です。台風17号は着々と迫っていますが...。

フルクラム・レーシング12WAY-FITホイールにユッチンソン・インテンシブ・チューブレスタイヤ(25C)を装着してから約半月が経過しました。気がつけば9月も終わりです。

久々に自転車を外に出して感じたのは、

「お、重ッ」


久々に持ち上げたから自転車自体が重かったのはなく、ホイール&タイヤの部分がやはり重く感じました。
チューブレスタイヤはチューブがいりませんが、その分構造が頑丈に造られているので、単純に重さを比較しても[クリンチャータイヤ+チューブ]とほとんど変わりません。

でも、なんだろう、この重さ感は....。


>>続きを読む:ロードチューブレスタイヤ【HUTCHINSON Intensive TUBELESS】初めての実走編

2012年09月13日

Fulcrum RACING 1にHUTCHINSON Intensive TUBELESSを装着してみた大作戦

IMG_3840.JPG

まあ...大作戦って事の程でもないんですが。
HUTCHINSON Intensive TUBELESS(ユッチンソン・インシティブ・チューブレス)をいよいよホイールに取り付けます。

初めてのロード用チューブレスタイヤを取り付けるホイールは、先日購入したFulcrum RACING 1 2WAY-FITです。
ホイール探しの旅の序盤で真っ先に候補から落としたFulcrum(フルクラム)のホイールをまさか買うことになろうとは、一年前には誰が想像したでしょうか?

>>続きを読む:Fulcrum RACING 1にHUTCHINSON Intensive TUBELESSを装着してみた大作戦

2012年09月12日

ついにロード用チューブレスタイヤを導入してみた【HUTCHINSON Intensive・ユッチンソン インテンシブ】TUBELESS

IMG_3863.JPG

ついにロード用チューブレスタイヤに足を踏み入れてしまいました。

購入したのはHUTCHINSON Intensive TUBELESS(ユッチンソン・インシティブ・チューブレス)で、このタイヤを選んだ理由は他社のタイヤも含めて唯一(2012年現在)25Cのサイズである事。そしてこのタイヤはロングライドでの使用を前提にしたモデルで耐久性もある(らしい)です。ただし、その分重くなっています。

>>続きを読む:ついにロード用チューブレスタイヤを導入してみた

2012年09月02日

そろそろ本気でロードチューブレスタイヤをリアルに検討してみた

2wayfit001.JPG

Fulcrum RACING 1 2WAY-FIT

クリンチャー仕様もあって、そっちの方が少しだけ安いのです。前のカンパ EURUS 2WAY-FITの時はちょっと迷ったのですが、今回は迷わず「2WAY-FIT」を選びました。

そう、この1年間いろいろとチューブレスタイヤを調べてきて、ついに決心したのです。

「わが家もチューブレスタイヤを導入してみよう!!....かな?」と

って言うか、これからはもうチューブレスタイヤでしょう。

>>続きを読む:そろそろ本気でロードチューブレスタイヤをリアルに検討してみた