2017年05月25日

ぶらり、埼玉県新座市に『たね坊のぬか床』のたしぬかを買いに行ってみた

niiza_003.JPG

今日は今月に入って久々の休みです。

しかも天気がいい!!

が、昨日も帰りが遅く昼近くまで寝てしまった...orz

で、朝から掃除、洗濯...の前に自転車で出かける事にしました。
と、いうか計画していました。

今日は「ぬか床」を買いに行きます。

正確には「ぬか漬け」の「たしぬか」です。

何とか3年目に突入した我が家のぬか床に「足す」ぬかです。

DSC03022.JPG

本当に久々に乗るスペシャライズドのRoubaix SL3です。

niiza_001.JPG

ちょいポタなので、ラフなSPDサンダル。

見た目は普通のサンダルですが、シマノのSPDシューズです。はい。

で、ぬか漬けの話に戻ります。

我が家で今使っているぬか床は、ゼロから作ったのでは無く、ベースは新座市にある明友商事という会社が作った「熟成ぬか床」をベースとしています。

盟友商事はネットでは『たね坊のぬか床』というブランドでお馴染みになっています。

前にテレビでも紹介され大絶賛された35年物の熟成ぬか床で、いろいろな食材を使ってベースの味が出来上がっているので、すぐに使う事ができます。

まあ、我が家ではそれにさらに、ニンニクやショウガ、昆布、唐辛子などでより一層の味付けを行っています。

以前はずっとネットで購入していましたが、あとから会社が新座市にある事が分かりました。

新座市は自転車で行ける距離にあります。

ただ、どうも盟友商事では小売り直売は行っていなさそう。(確認していませんが)

なので、ずっとネット経由で買っていましたが、最近知る事になります。

新座市内で買うことができる。

niiza_005.JPG

新座市が運営する多目的施設「ふるさと新座館」の1階に、地場の野菜や食材を販売する物産センターがあるのです。

運営はJAあさか野のようですが、ここに『たね坊のぬか床』は置いてあったのです。

niiza_006.JPG

新座農産物直売センター(とれたて畑)

地方に行くと「道の駅」で見るような感じのJA直営のショップです。

野菜から味噌などの加工品、地酒なども置いてあります。

niiza_007.JPG

『たね坊のぬか床』コーナー発見。

niiza_008.JPG

「たね坊のたしぬか1kg」もありました。

今までは送料を払って買っていましたが、今後はここに買いに来る事にします。

この新座農産物直売センターのレジでは意外にもカードが使えます。

いいですね〜。

交通系マネーはまだのようですが。

DSC03023.JPG

そして自宅に帰ってぬか床に足しました。

普段は冷蔵庫の野菜室に入れています。
たね坊のぬか床は毎日かき混ぜなくても大丈夫なようですが、極力かき混ぜるようにしています。

たまに表面に白いカビのような「産膜酵母」が出てきますが、これは安全な菌なので軽く取り除いてかき混ぜています。

そのままかき混ぜても良いそうですが、風味が落ちるそうなので、取り除くようにしています。

まあ、冷蔵庫保管でも「産膜酵母」が出るという事は塩分が足りなくなってきているサインですね。あと唐辛子も一緒に加えましょう。

今日はたしぬかをしたので、乳酸菌を増やすために常温で保管しています。

では、また。








この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ




posted by 太泉八雲 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 別冊・男の調味料

2016年06月04日

ぶらり、老干媽の辣油シリーズ『風味豆鼓油制辣椒』と『香辣脆油辣椒』を買ってみた

raoganma1_02.JPG

また辣油ネタいっちゃいます。

老干媽

最近になって初めて知ったメーカーです。
日本語ではローカンマともラオガンマとも読むそうですが、瓶のラベルにはカタカナでローカンマと書いてありました。

【続きを読む】ぶらり、老干媽の辣油シリーズ『風味豆鼓油制辣椒』と『香辣脆油辣椒』を買ってみた
posted by 太泉八雲 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 別冊・男の調味料

2016年06月01日

ぶらり、名古屋の中華料理店が作った『自家製五香ラー油』を買ってみた

IMG_3076.JPG

四川料理、激辛系大好きな管理人のひさびさの調味料ネタ。

”辣油(ラー油)”シリーズです。

一番のお気に入りは京都は桂にある山田製油の『ごまらあ油』です。

が、ちょうど残り少しになってきたので、違うところが作った辣油を探してみたのです。

で、見つけたのがこれ。


【続きを読む】ぶらり、名古屋の中華料理店が作った『自家製五香ラー油』を買ってみた
posted by 太泉八雲 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 別冊・男の調味料

2013年06月08日

ぶらり、宇都宮・青源味噌の餃子用味噌だれ「餃子の達人」でネギ味噌焼餃子をつくってみた

seigengyoza_05.JPG

2夜連続でお送りする宇都宮は寛永二年(1625)創業の老舗、「青源味噌」の味噌だれシリーズです。

昨日の「辛味噌だれ」に続いて、本日紹介するのは

餃子の達人

こちらが本命です。

宇都宮の駅ビル「パセオ」にある「味噌と餃子の店青源」で食した「ネギ味噌焼餃子」なるものに、ガツン!!と強烈なカルチャーショックに似たものを受け、すっかりそれに魅了されてしまい、帰りがけに思わず買ってしまいましたよ。

>>続きを読む:ぶらり、宇都宮・青源味噌の餃子用味噌だれ「餃子の達人」でネギ味噌焼餃子をつくってみた
posted by 太泉八雲 at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 別冊・男の調味料

2013年06月07日

ぶらり、宇都宮・青源味噌の辛味噌だれを買ってきた

seigenkaramiso_03.JPG

宇都宮に行く機会があったので、またまた青源味噌でいくつかタレを買ってきました。

青源味噌は宇都宮で寛永二年(1625)創業の老舗味噌屋。

その存在を知ったのは「宇都宮餃子」食べ歩きをしに行ったときの事。
駅ビルの中に餃子店も出店しています。

もちろん店頭では味噌を始め、さまざまな調味料が並んでいました。

そんな中から2つばかり買って帰りました。

>>続きを読む:ぶらり、宇都宮・青源味噌の辛味噌だれを買ってきた
posted by 太泉八雲 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 別冊・男の調味料

2013年05月12日

ぶらり、京都帷子ノ辻の「菜館Wong」(ウォン)の食べるラー油

wong_02.JPG


昨日に続いて今日もラー油の話しです。
しかも今日のは食べるラー油。
しかもまた京都のそれです。

まあ、少し前に食べるラー油がブームになりましたが、最近は市民権を得て定着したのか、スーパーとかにも普通に並んでいるものの、あまり騒がれなくなりました。コマーシャルも見かけません。

私もブームの際に買ってみた事がありましたが、それ以降は特に興味もなく、買っていません。

>>続きを読む:ぶらり、京都帷子ノ辻の「菜館Wong」(ウォン)の食べるラー油
posted by 太泉八雲 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 別冊・男の調味料

2013年05月11日

ぶらり、お気に入り・京都桂の山田製油の「ごまらあ油」です

rayu_02.JPG

今日はちょっとお気に入りの調味料の紹介。

それは、ずばり

辣油です。

しかも、made in 京都。

>>続きを読む:ぶらり、お気に入り・京都桂の山田製油の「ごまらあ油」です
posted by 太泉八雲 at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 別冊・男の調味料

2013年02月14日

ぶらり、千年こうじや神楽坂店で「塩こうじ」を買ってきた

koujiya_kagura_04.JPG

新潟県の八海醸造がプロデュースする、新潟魚沼地方の食文化を全国に紹介するアンテナショップ「千年こうじや」。

東京にオープンした2店舗、「千年こうじや麻布十番店」に続いて訪れてみたのが、飯田橋の神楽坂通り商店街の一角にある「千年こうじや神楽坂店」です。

お店は神楽坂通りの一本裏手にある路地にあって、正直最初は迷ってしまいます。
地図で見ると、ちょうど東京理科大学神楽坂キャンパスの校舎の真裏になります。

店舗が入っている建物は神楽坂通り商店街に面した近代的なビル「PORTA神楽坂」の1F(の裏側)にありますので、とりあえずそのビルを目指してから、裏に回るようにすればよいです。

>>続きを読む:ぶらり、千年こうじや神楽坂店で「塩こうじ」を買ってきた
posted by 太泉八雲 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 別冊・男の調味料

2013年02月13日

ぶらり、千年こうじや麻布店で「麹と米でつくったあまさけ」を買ってきた

koujiya_azabu_02.JPG

週末の「東京都心ポタ」on ORBEA ORCAで、東京駅や建設中の歌舞伎座などを廻ったあとに、訪れた場所の一つが麻布にオープンした「千年こうじや・麻布店」でした。

「千年こうじや」は新潟魚沼地方の食文化を全国に紹介する、あの八海醸造がプロデュースするアンテナショップです。
本店は新潟県南魚沼市長森にある八海醸造のすぐそばにありますが、それが東京に2店オープンしたのです。

>>続きを読む:ぶらり、千年こうじや麻布店で「麹と米でつくったあまさけ」を買ってきた
posted by 太泉八雲 at 21:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 別冊・男の調味料

2012年07月03日

ぶらり、日本橋古樹軒へ中華食材の買い出しに行ってみた

kojyuken_01.JPG

先日の休みの日に、麻婆豆腐の食べ歩きも兼ねて、都心をちょっとポタリング。日本橋箱崎町にある中華食材の専門店「日本橋 古樹軒」に行ってきました。

「箱崎」と言えばかの悪名高き首都高速における渋滞のメッカです。その足もとにこんなお店があるとは知りませんでした。ここに訪れたのは実に2年ぶりくらいです。その時は「花椒」(ホアジャオ)を売っている店を探していて、偶然このお店を見つけたのでした。

花椒は最近ふつ〜のスーパーとかでも店頭にならぶようになってきましたが、あまり一般家庭では消費されないような専門性の高い商品はここでないと買えません。

>>続きを読む:ぶらり、日本橋古樹軒へ中華食材の買い出しに行ってみた
posted by 太泉八雲 at 06:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 別冊・男の調味料