2017年05月14日

ぶらり、大泉学園の『Chinese Tapas Hachi 』で麻婆豆腐を食べてきた【麻婆豆腐17】

DSC02993.JPG

今日は大泉学園に麻婆豆腐を食べに行ってきました。

それも、久しぶりにORiBikeで。

本当に久しぶりに乗ったので、自宅を出るときに最初ふらついてしまいました。

(独特のハンドル形状なので、感覚が普通の自転車と違います。すぐに慣れますけど)

hachi5.JPG

お店の名前は『Chinese Tapas Hachi 』(チャイニーズタパスハチ) といいます。

西武池袋線の大泉学園駅北口から大泉学園町の方へ約1kmくらい。

「北園」という交差点の角にあります。

おしゃれな隠れ家的なお店で、看板もありません。
隣にある『やきとり大吉 大泉学園店』が目印になっている感じ。

hachi6.JPG

看板が出ていればランチの営業中。

本格中華料理のお店ですが、夜はワインバー的要素もあり、代官山とか自由が丘とかにあるようなオシャレなお店です。

ランチのセットメニューは5種類くらいありますが、もう当然麻婆豆腐ランチでしょう。

hachi1.JPG

麻婆豆腐セットはお店の名前を取った「hachiセット」と言いますから、このお店一番のオススメという事でしょう。

麻婆豆腐+ライス+香物+スープ+デザートの4品。

ご飯大盛りは無料です。
もちろん大盛りで。

まあ、大抵このような中華のお店のライスは湯飲みのような小ぶりな椀にラーメン店の「半ライス」並みのライスしか出てこないので、大盛りでようやく定食屋の普通盛りサイズでしょう。

hachi2.JPG

濃くて甘い中国のたまり醤油を使っている深い色の麻婆豆腐。

ツヤもあっておいしそうです。

“辛味と山椒の効いた本場の麻婆豆腐”とうたわれていますが、とても上品な味付けでした。

本格四川というよりは北京中華系の麻婆豆腐です。

花椒(ホワジャオ)や辣油のパンチがもう少し欲しいところでしたが、それなりに汗はジワジワと噴き出してきました。

hachi4.JPG

大根の漬け物とザーサイも手造りで上品な食感と味付け。

これが880円ですからハイレベルでコスパ高いです。

担々麺も食べてみようかと思いましたが、これはまたの機会に。

いや〜うまかった。

とても勉強になりました。

ごちそうさまでした。

Chinese Tapas Hachi (チャイニーズタパスハチ) (食べログ)
電話:03-6311-0672
住所:東京都練馬区大泉学園町1-1-9 第二パールハイツ 1F
営業時間:ランチ 11:30〜14:30/夜 17:30〜21:30
定休日:月曜日




この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2016年08月08日

ぶらり、虎ノ門の『味覚』で石焼麻婆豆腐を食べてきた【麻婆豆腐16】

mikaku_09.JPG

久しぶりに激辛麻婆豆腐に挑戦してきました。

しかし、まあこの麻婆豆腐シリーズ。

別に「激辛」企画ではなく、あくまでも本格的な四川麻婆豆腐をもとめての食べ歩きなのですが、今日はある意味ちょっと道を外れました。

でも、中国人の経営する本格中華のお店です。
店員もみな中国の方です。

【続きを読む】ぶらり、虎ノ門の『味覚』で石焼麻婆豆腐を食べてきた【麻婆豆腐16】

2016年01月10日

ぶらり、池袋北口の『知音食堂』で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐16】

chiinshokudo_06.JPG

『知音食堂』
”チインショクドウ”と読みます。

池袋で辛いもの好きな人たちから愛されている本格四川料理のお店です。

昨年末に池袋『中国家庭料理 楊』(3号店)の「汁なし担々麺」にはまってから、辛い物食べ巡りが再燃してしまいました。

「東京の激辛料理」や「激辛麻婆豆腐」のキーワードで検索していたら見つけたお店です。

池袋の北口から徒歩1〜2分くらいの駅前にあるので行ってみました。

【続きを読む】ぶらり、池袋北口の『知音食堂』で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐16】

2014年02月01日

ぶらり、新潟長岡の『喜京屋』で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐15】

2014shumatsupass_43.JPG

『喜京屋』

新潟県長岡市の四川料理のお店です。
なぜ新潟の長岡で麻婆豆腐かと言えばですね、先日の
ぶらり、JR東日本『週末パス』パスで北国を廻ってきた」の旅

で、新潟から山形を一周。
その途中で長岡に立ち寄って麻婆豆腐を食べてきたのです。
>>続きを読む:ぶらり、新潟長岡の『喜京屋』で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐15】

2013年10月18日

ぶらり、横浜中華街の『龍門新館』で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐14】

yokohamamotomachi_23.JPG

四川料理『京華楼』を出て、再び横浜中華街をさまよい歩きました。

相変わらずどこも混んでいます。
っていうか、ますます人の数が多くなっています。
歩くのも大変です。
>>続きを読む:ぶらり、横浜中華街の『龍門新館』で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐14】

2013年10月17日

ぶらり、横浜中華街の四川料理『京華楼』で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐13】

yokohamamotomachi_07.JPG

ついに横浜中華街に来ちゃいました。

近くを通った事は大昔に何度かありましたが、実際に足を踏み入れるのは今回が初めてかも。

>>続きを読む:ぶらり、横浜中華街の四川料理『京華楼』で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐13】

2013年03月08日

ぶらり、西荻窪の『中国食酒坊まつもと』で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐12】

matsumoto_04.JPG

今日も昨日に続いて麻婆豆腐ネタです。
そして場所も昨日と同じく、JR西荻窪駅前のビルの間をまっすぐ進んだ、最初の十字路の角にある小さなお店です。徒歩1分。

中国食酒坊(チャイナ・ビストロ)まつもと

道に迷って偶然見つけたお店。

家族経営の小さなお店かと思ったら、結構良い値を取るヌーヴェルシノワ系中華のお店でした。
14席の小さな店です。相席でなければ実質的に半分くらいのキャパシティかな。

陳麻婆豆腐 1,100円

>>続きを読む:ぶらり、西荻窪の中国食酒坊まつもとで麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐12】

2013年03月07日

ぶらり、西荻窪の中国料理『仙ノ孫』で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐11】

sennomago_06.JPG

100万アクセス突破記念。
って訳ではありませんが....マイペースなネタで更新中。

そして今日は久々のグルメポタネタ。
それも麻婆豆腐編です。

だいぶ前に...去年だったかな〜「dancyu」という雑誌で、有名人が(誰かは覚えていない)が絶賛していた麻婆豆腐のお店が西荻窪にあるらしい。

西荻ならわりと近いぞ!!
って事で久々にORBEA ORCAで行ってみました。

>>続きを読む:ぶらり、西荻窪の中国料理 仙ノ孫で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐11】

2013年01月14日

ぶらり、『惣菜の点点』(大泉学園店)で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐10】

tenten_03.JPG

さきほど食べた「千味餃子」から駅に向かって十数メートルほどの場所に、本命のお店はありました。

「惣菜の点点」です。

結構有名なお店らしく、料理が超安い大衆中華のお店です。
ビールもめちゃ安い(発泡酒との噂も...いや確実に発泡酒でしょう)

大体料理は一品200円から500円前後と破格の安さなので、夜はすっかり中華居酒屋としてサラリーマンで賑わっています。

たまたまその時食べた麻婆豆腐がかなり印象的で頭から離れませんでした。
辛くはありません。ただちょっとクセになる味だったのです。

お店も「きたなシュラン」一歩手前の雰囲気。これです。
>>続きを読む:ぶらり、惣菜の点点(大泉学園店)で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐10】

2013年01月13日

ぶらり、『千味餃子』(大泉学園)で四川麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐09】

senmi_03.JPG

今日はちょっと用事の為、久々に大泉学園に行くことになったのですが、お昼はもう決めていました。

だいぶ以前ですが、知人と大泉学園の裏路地にある小さな中華料理店で飲食としたのですが、そこの麻婆豆腐が非常に美味しかったのです。中国人が経営している少し時代を感じさせる年季の入ったお店ですが、とにかく安くてうまい。

ただ、夜だったのでお店の場所の記憶がちょっとあいまいでした。

大泉学園北口の商業施設「ゆめりあ」の裏のほうの路地沿いを歩くと、だいたいの記憶の場所にそれらしい小さな中華料理店がある。

ただ「こんなにキレイなお店だったかな〜?」

店員もコックもみな中国人でした。

「リニューアルしたのかな?」

>>続きを読む:ぶらり、千味餃子(大泉学園)で四川麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐09】

2013年01月12日

ぶらり、『蒼龍唐玉堂』(吉祥寺店)で四川麻婆豆腐と超辣担々麺を食べてきた【麻婆豆腐08】

seiryutougyokudo_05.JPG

今日は久々に麻婆豆腐ネタです。

ちょっと吉祥寺に用事があったので、ついでに麻婆豆腐が美味しそうなお店を調べたら「蒼龍唐玉堂」というお店が出てきました。他にも候補はいくつかあったのですが、ぶらり、と気軽に入れそうなお店はここでした。

元伊勢丹の「コピス吉祥寺」B館側の細い通りにあります。

>>続きを読む:ぶらり、蒼龍唐玉堂(吉祥寺店)で四川麻婆豆腐と超辣担々麺を食べてきた【麻婆豆腐08】

2012年07月08日

ぶらり、大連海鮮・四川料理『唐苑』で麻婆豆腐をたべてみた【麻婆豆腐07】

nerima_toen_06.JPG

今日は出勤です。
昨日までの天気予報では夜の内に雨はあがるので、朝練で体脂肪を消費してから出社しようと思っていましたが、ず〜っと雨は降りっぱなしです。まあ、昨晩も飲み過ぎたので、今朝もギリギリまでぐだぐだでした・・・残念!!

と、いうわけで今日も麻婆豆腐食べ歩きネタです。このシリーズを始めて7軒目になります。

今日のお店は西武池袋線練馬駅ちかくにある、本格中華のお店で麻婆豆腐を食べてきました。

>>続きを読む:ぶらり、大連海鮮・四川料理「唐苑」で麻婆豆腐をたべてみた

2012年07月07日

ぶらり、『炎麻堂』(神田店)で麻婆豆腐をたべてみた【麻婆豆腐06】

kandaenmado_02.JPG

今週はなんかバタバタしていて、久々の書き込みです。
そしてまたまた「麻婆豆腐」ネタです。

今日もまた雨で、自転車に乗れません。なのに麻婆豆腐ばかり食べているせいか体重がちょっとリバウンド気味。
平日の夜錬を始めなくてはいけませんね。ああ、でも仕事終わりの一杯が飲めないのは辛いな〜、特にこの季節は。

まあ近況はどうでもよく、本題に戻ります。

前回のエントリー、日本橋箱崎町にある中華食材専門店「古樹軒」に行ってきた時に食べた麻婆豆腐のお店を紹介しましょう。

そのお店は神田駅近くにある「炎麻堂」という創作四川ダイニングのお店で、麻婆豆腐を前面に売りにしています。神田以外に赤坂と三軒茶屋にお店があるようです。

>>続きを読む:ぶらり、「炎麻堂」神田店で麻婆豆腐をたべてみた

2012年06月18日

ぶらり、四川料理『芝蘭』(板橋本店)で陳麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐05】

chiran_07.JPG

さて、四川中華のチェーン店である「陳麻家」での麻婆豆腐ランチセットに物足らなかったので、その足で板橋の名店と名高い四川料理のお店「芝蘭 板橋本店」へと自転車を走らせました。

場所は東京メトロ有楽町線「地下鉄赤塚」の近くの住宅街の中にあります。板橋ですが光ヶ丘パークタウンの北端部に位置します。


>>続きを読む:ぶらり、四川料理「芝蘭」板橋本店で陳麻婆豆腐を食べてみた

2012年06月17日

ぶらり、『陳麻家』(光ヶ丘店)で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐04】

chinmaya_03.JPG

ここのところ、すっかり麻婆豆腐ブログと化した様な気もする当ブログですが、引き続き麻婆豆腐ネタが続きます。

すっかり本場四川の「陳麻婆豆腐」にはまってしまい、目覚めてしまった身体と味覚を抑える事は、もう出来ません。家に帰るとあああ〜...麻婆豆腐が食べたい、食べさせてくれ〜と禁断症状にも似た欲求に支配されていまうようになってしまいました。

で、とりあえず本格的な四川料理店で無くともよいから、うまい麻婆豆腐を食べさせる店はないかと調べて観ると...あるチェーン店の存在を知る事になります。

陳麻家

いかにも「陳麻婆」と「家系」を合体させたような、コンセプト系、プロデュース系のチェーン店の匂いがしますが、大胆にも「旨辛至福研究飯店」をうたい、な、なんと麻婆豆腐と担々麺を前面に出しているお店です。

>>続きを読む:ぶらり、「陳麻家」光ヶ丘店で麻婆豆腐を食べてみた

2012年06月16日

ぶらり、『陳麻婆豆腐店』(新宿野村ビル店)へ行ってみた【麻婆豆腐03】

chinmabo_20120616_04.JPG

麻婆豆腐シリーズ第3回目。
本当であれば、一番最初に行くべきだった、麻婆豆腐店を語る上で外す事のできないお店です。

正宗四川料理 陳麻婆豆腐店

名前が似ていますが、料理の鉄人「陳健一の麻婆豆腐店」とはまったく関係がありません。

そもそも、麻婆豆腐は今から150年ほど前に中国の四川省成都にある、「陳さん」(陳森富)が経営する小さな料理店で、その妻である劉氏が考案したのが始まりとされています。そのお店は後に「陳麻婆豆腐店」として四川麻婆豆腐における総本山的な存在となります。

今回訪れた「陳麻婆豆腐店」はその四川省成都の本店と業務提携で生まれたお店です。(注:のれん分けや支店ではありません)

>>続きを読む:ぶらり、「陳麻婆豆腐店」新宿野村ビル店へ行ってみた

2012年06月14日

ぶらり、『陳建一麻婆豆腐店』(グランデュオ立川店)へ行ってみた【麻婆豆腐02】

chinkenichi_03.JPG

麻婆豆腐の第2弾は「まずここに行かなくてはいけないでしょう」ってお店です。

そう、料理の鉄人でお馴染みの「陳建一」のお店ですね。

日本に最初に麻婆豆腐を持ってきて、日本人に合うようにアレンジをして広めたのが陳建一のお父さんの陳建民。
「四川料理の父」とも呼ばれています。

で、そのお店は「四川飯店」。
赤坂とかにあって、ちょっと敷居が高そう。でも調べると全国に展開しているのですね。東京でもデパートのレストラン街に入っているお店もあるし。

そんな中で最近知ったのが同グループが新しく展開している「麻婆豆腐専門店」です。

>>続きを読む:ぶらり、「陳建一麻婆豆腐店」グランデュオ立川店へ行ってみた

2012年06月13日

ぶらり、四川料理『龍門』(新宿アイランド店)で麻婆豆腐を食べてみた【麻婆豆腐01】

ryumon_09.JPG

ひさびさのグルメねたです。

わたくし太泉八雲の大好物と言えば、カレーにラーメン、寿司等々ありますが、中でもカレーに並ぶ好物が中華料理の麻婆豆腐です。この麻婆豆腐にはこだわりがあって、家では基本的に自分で作ります。まあ、よほどの事がない限り店頭で売っている麻婆豆腐は買いませんね。自分が作った方がうまいですから。

カレーと麻婆豆腐なら毎日でも飽きません。

そんな麻婆豆腐ですが、本場四川のそれを勉強の為に食べ歩くことにしました。

都内に数ある四川料理店の中から最初に選んだのは、四川料理「龍門」です。
かなり以前に、たまたまテレビのグルメ番組で紹介されていたお店で、その番組では五反田店での取材でしたが、本店は目黒にあります。

>>続きを読む:ぶらり、四川料理「龍門」新宿アイランド店で麻婆豆腐を食べてみた