2017年12月03日

群馬県板倉町の電神社参道にある、なまず料理屋『小林屋』に行ってみた

itakurakobayashiya_top.JPG

今日は前々から興味があって食べて見たかった「なまず料理」を食べる為に、はるばる群馬県邑楽郡板倉町にある雷電神社に行ってきました。

実は今日行くお店は、お世話になっている日本酒ブロガーの丹醸さんが紹介されている記事を見て触発されたものでした。

それまでは「なまず料理」も「雷電神社」もまったく知らなかったのです。

ntitakurakobayashiya_01.jpg

板倉町は群馬県最東端に位置する人口1万5000人ほどの町ですが、最寄り駅は東武鉄道・伊勢佐木線の「館林駅」と同じく東武日光線の「板倉東洋大前駅」の2つです。

板倉町と隣の館林市の境に東北自動車道が縦貫して、館林ICがあります。

まあ、そんな場所です。

ntitakurakobayashiya_03.jpg

JR東北本線の栗橋駅から東武日光線に乗り継いで3駅目が板倉東洋大前駅。

しかし、東武日光線。1時間に2本ほどしか走っていません。

列車を待つ間には、特急列車がバンバン行き来していました。

普通列車よりも特急列車が多いダイヤです。

とくに東武鉄道の新型特急車両500系「リバティ」がバンバン走っていました。

今回初めて実車を見ました。

ntitakurakobayashiya_04.jpg

板倉東洋大前駅。

結構新しい駅です。

前後の駅が寂れた感のあるローカルな雰囲気の駅なのに、この駅は橋上型の近代的な駅でした。

ntitakurakobayashiya_05.jpg

実はこの駅、東武日光線で唯一の群馬県の駅なのです。

東洋大学板倉キャンパス誘致に伴い地元請願で設置された請願駅。

前後の駅は埼玉県と栃木県で、この場所に駅が無かったのも、周辺に人家が無かった事が窺えます。

それは現在の駅前周辺を見て感じます。

真新しい区画されたニュータウンが広がっています。

駅周辺の人口と駅利用客は近年かなり増えているとか。

さて、駅から雷神神社まではバスがある事は事前調査済みなのですが、バスの時刻表を見ると...

1時間に1本、あるか無いか。

土日休日は運休している時間帯もあって、ある意味数時間に1本程度の状況に愕然。

ntitakurakobayashiya_06.jpg

で、バス停のすぐ横に1台だけ客待ちをしていたタクシーに乗る事にしました。

駅から約4km。

板倉町役場前に参道入り口の門があり、ここから境内までは少し距離があるのですが、ここで降りる事にしました。

料金は約1,500円ほど。

タクシー代を節約する意味もありましたが、天気も良いし石門の写真を撮ってから少し歩こうかな?と。

料金支払い後に運転手さんから「もし帰りもよろしければこちらに電話下さい」と、タクシー会社のティッシュを頂きました。

ntitakurakobayashiya_07.jpg

秋の晴天の中を静かな田舎道をてくてく歩きます。

静かだ。

気持ちいい。

仕事の悩みもチョットだけ癒やされる。

それよりも、腹減った〜。

ntitakurakobayashiya_08.jpg

やがて参道は石畳に変わります。

最近整備されたようで、参道の両脇には植樹したばかりの様子。

ntitakurakobayashiya_09.jpg

鳥居をくぐります。

雷電神社の門前集落には2軒の食事処がありますが、お店はこの2軒だけ。

ntitakurakobayashiya_11.jpg

ntitakurakobayashiya_13.jpg

鳥居をくぐって雷電神社を正面に向かって右側のお店が「林屋」。

いかにも門前の食事処といった佇まい。

ntitakurakobayashiya_14.jpg

ntitakurakobayashiya_12.jpg

で、左手が今回の目的である「小林屋」です。

ntitakurakobayashiya_18.jpg

伝統的な佇まいの木造建築ですが、かなり大きい建物です。

ntitakurakobayashiya_19.jpg

「鯰」ナマズの看板。

ntitakurakobayashiya_21.jpg

ntitakurakobayashiya_26.jpg

建物の大きさに対して、店内は結構こぢんまりとしていました。

昭和レトロな食堂といった感じ。

日曜の昼時なのに、客は私一人だけ。

ntitakurakobayashiya_24.jpg

壁のメニュー。

ntitakurakobayashiya_23.jpg

お酒もチェック。

ntitakurakobayashiya_20.jpg

テーブルにある写真付きメニュー。

もちろん、注文する品は決まっています。

ntitakurakobayashiya_25.jpg

裏面は単品メニュー。

で、川魚料理のフルコースの「おすすめコース(川魚満喫コース)」を注文しました。

お店の方に「量が多いですが食べれますか?」と聞かれましたが、このために朝からお腹を空かして来たのですから。

合わせ、燗酒一合も注文。

260円と安い!!

お酒は茨城県境町にある萩原酒造の徳正宗のようです。

なんで他県のお酒なんでしょう。

隣の徳川家城下町の館林にはいくつもの酒蔵があるのですが。

ntitakurakobayashiya_29.jpg

お酒をちびりちびちとたしなみながら、料理を待ちます。

お酒と一緒に出てきたのは、クチボソの佃煮。

お酒の先付けでは無くてコースの一品。

ntitakurakobayashiya_30.jpg

コース料理、まず最初に出てきたのが「鯉の洗い」。

コリコリした食感と自家製酢味噌との相性抜群。

酒が進みます。

ntitakurakobayashiya_31.jpg

ntitakurakobayashiya_32.jpg

続いて本命のなまず料理「なまずの天ぷら」と「なまずのたたきあげ」。

ntitakurakobayashiya_36.jpg

そして「鯉こく」

ntitakurakobayashiya_38.jpg

酒の肴勢揃い!!

ntitakurakobayashiya_40.jpg

まず、初なまず。

肉厚のうなぎのようで、クセもなく柔らかくてホクホクして旨い!!

ntitakurakobayashiya_42.jpg

続いて「なまずのたたきあげ」。

ナマズの頭や骨を叩いて、にんじんやゴボウ・豆腐・小麦粉に玉子・味噌、紫蘇を混ぜ合わせて揚げたもの。

地元ではおやつとして食べられているそうです。

これが、モチモチしていてうまい!!

香ばしい衣の味は、そうあれ。

「ベビースター」の味です。

これは、おやつになりますわ。

ntitakurakobayashiya_46.jpg

そして、締め、というかメインディッシュのうな重。

ntitakurakobayashiya_47.jpg

小ぶりな鰻ですが、これがしっかりとした歯を押し返すような食感で、うまい!!

スーパーで売っている養殖の鰻とは違いますね。

(天然ものかは不明。地元産かな?)

すっかりお腹いっぱいになりました。

ごちそうさまでした。

これで、3,000円でおつりが来るのですから安い!!

ntitakurakobayashiya_48.jpg

店を出て、横に廻ると別の入り口が。

そう。「小林屋」は料理旅館でもあったのです。

ちなみに創業は江戸時代末期の天保7年(1863)です。

大塩平八郎の乱があった年ですね。

ntitakurakobayashiya_49.jpg

さて、お腹もいっぱいになったので雷電神社を参拝します。

ntitakurakobayashiya_51.jpg

雷電神社は関東一円に点在する雷電神社の総本宮だそうです。

ntitakurakobayashiya_52.jpg

ntitakurakobayashiya_54.jpg

ntitakurakobayashiya_55.jpg

総本宮だけあって、立派な彫刻が施されています。

ntitakurakobayashiya_56.jpg

御神木?は男根様?

ntitakurakobayashiya_58.jpg

続いて、神社裏手にある社務所へ。

ntitakurakobayashiya_60.jpg

ここには「じしんのなまずさん」が祀られています。

なでると地震を除けて自信が湧き出るとか。

ntitakurakobayashiya_59.jpg

専用のハンカチでなでると御利益があるそうです。

以前はハンカチ(500円)でしたが、今回訪れた時はタオル(300円)でした。

さて、

社務所前にもバス停があります。

時刻表をのぞいて見ると...

1日、たったの2便だけ。

仕方なく、板倉町役場まで歩きました。

で、時刻表を見ると、こちらは1時間に1本ほどでしたが、次ぎのバスが来るまで40分待ち。

自然と、今朝上着のポケットに入れたタクシー会社のティッシュに手が伸びました。

「迎車料金無料」いいね!!

そして電話。

ntitakurakobayashiya_62.jpg

役場の玄関にある板倉町のゆるキャラマスコット「いたくらん」。

プロフィールによると江戸時代に板倉沼で生まれ、タイムスリップしてきたらしい。

好きな食べ物は「きゅうり」らしい...。

実はこの板倉町はきゅうりの生産日本一らしい...。

性格は好奇心旺盛で色々なイベントや場所に行きたがるが、人見知りらしい...。

まあ、どうでも良いが、待つこと20分、やっとタクシーが来たので、来た道を戻りました。

ごちそうさまでした。と、言うよりは、お疲れさまでした。


小林屋
電話:0276-82-0032
住所:群馬県邑楽郡板倉町大字板倉2335
営業時間:9:30〜18:30(食事は11時から)
定休日:水曜日


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ

2017年05月13日

ぶらり、中野ブロードウェイの『レインボウスパイス カフェチャイストール』に行ってみた

rainbow3.JPG

久しぶりの中野。

何年ぶりか。
もしかしたら10年以上来ていないかも。

そんな中野にちょっと用事があって立ち寄ったのが昼時。

何を食べようか。
昨日たまたま吉祥寺のカレー人気店の記事を読んだのを思い出しました。

「あ、カレー食べたい」

「カレーライス」では無く本格的なこだわりカレー。

スマホで調べてみたら、これから向かう中野ブロードウェイの地下に面白そうなカレーのお店があるではないか。

【続きを読む】ぶらり、中野ブロードウェイの『レインボウスパイス カフェチャイストール』に行ってみた

2016年12月25日

ぶらり、レッドアローに乗って秩父・小鹿野の『安田屋』で「わらじカツ丼」を食べてきた

yasudaya_11_2.JPG

先月の話ですが、また秩父に「わらじカツ」を食べに行ってきました。

小旅行を満喫するために、今回も池袋から西武特急レッドアロー号に乗ります。

【続きを読む】ぶらり、レッドアローに乗って秩父・小鹿野の『安田屋』で「わらじカツ丼」を食べてきた

2016年05月25日

ぶらり、立ち食いステーキの店 『いきなり!ステーキ』へ行ってみた

ikinari_06.JPG

ぶらり、立ち食いステーキの店 『いきなり!ステーキ』へ行ってみた

前からいってみたかった…
けど他に用事も無いのに、わざわざ訪れるほどでも無い。

そんな『いきなり!ステーキ』が、ついに自宅の最寄り駅前に出来たので、いってみた。

【続きを読む】ぶらり、立ち食いステーキの店 『いきなり!ステーキ』へ行ってみた

2016年04月29日

ぶらり、ついに埼玉県のあの『山田うどん』にいってみた

yamadaudon_06.JPG

東京都と埼玉県の県境付近の町に住んで20数年。

ついに食べましたよ!!



『山田うどん』


いや〜、なんか感無量的な。

【続きを読む】ぶらり、ついに埼玉県のあの『山田うどん』にいってみた

2016年03月05日

ぶらり、秩父・小鹿野の『東大門』で「メガわらじカツ丼」を食べてきたが...(撃沈)

ogano_waraji_top.JPG

ひさびさの休日。

ふと、思い立って秩父へ足を運んでみる事にしました。

近くて気軽に行ける、まさに関東の奥座敷。

目的は食べ歩きシリーズのロケ編といったところでしょうか?
秩父のB級グルメ。

「わらじカツ丼」

【続きを読む】ぶらり、秩父・小鹿野の『東大門』でメガわらじカツ丼を食べてきたが...(撃沈)

2013年02月12日

ぶらり、老舗「神田きくかわ」で鰻重を食べてみた【鰻編01】

kikukawa_03.JPG

昨日の「ぶらり、東京都心ポタ」のお昼に食べた店は神田にある鰻屋の老舗「神田きくかわ」でした。

今回の都心ポタはこの「神田きくかわ」に行くことが第1の目的。
そしてこのお店は今回で2回目。実に5年ぶりに訪れました。

>>続きを読む:ぶらり、老舗「神田きくかわ」で鰻重を食べてみた【鰻編01】

2012年09月09日

ぶらり、宇都宮へ餃子を食べにいってきた。宇都宮餃子食べ歩き編

CIMG1818.JPG

青春18キップ最後の日という事もあって、金券ショップで1日残分のキップを購入し、さてどこへ行こうか。

「そうだ、宇都宮へ餃子を食べにいってみよう」

ということにしました。
>>続きを読む:ぶらり、宇都宮へ餃子を食べにいってきた

2012年08月12日

ぶらり、「ステーキけん」に行ってみた

steakken_08.JPG

今日は「ステーキけん」に行ってきました。

あの毒舌で有名な若い社長が運営して急成長を遂げているチェーン店です。

社長・井戸 実「ロードサイドのハイエナのブログ


ステーキのどん」は知っていましたが「ステーキけん」を知ったのはつい最近の事。


>>続きを読む:ぶらり、「ステーキけん」に行ってみた