2020年01月18日

ぶらり、久しぶりに池袋北口の『知音食堂』に行って水煮肉片(豚肉)を食べてみた

chiinshokudo3_top.JPG

四川の辛さには中毒性がある。

久しぶりにやっと池袋にある『知音食堂』(ちいんちょくどう)に行くことができた。

前回訪れたのが2016年の年始めだったから、実に4年ぶりの訪問。

そっか〜、あれからもう4年も来ていなかったのか〜。

時間が経つのが年々早く感じる。

chiinshokudo3_30.JPG

池袋北口を出て中華食材店が目印の細い路地へ。

chiinshokudo3_29.JPG

chiinshokudo3_28.JPG

いつもの、細く急な地下への階段を降りていく。

なんか秘密結社のような怪しい雰囲気。

食はテーマパークだ。

chiinshokudo3_04.JPG

昼時というのに、店内はカップルが一組だけだった。

「いつもの」二人掛けの席に案内される。

chiinshokudo3_05.JPG

chiinshokudo3_06.JPG

『バイブル』いや『禁断の書物』か。

今日食べるものはすでに決まっている。

メインディッシュは

「水煮肉片」(シュイジューロウピエン)

以前に「水煮牛肉」と「水煮鶏肉」は食べていたので、あとは豚肉が残っていた。

「水煮豚肉」ではなく総称の「水煮肉片」とするのは豚肉がデフォだからだろうか。

そして、サイドメニューの冷菜。

chiinshokudo3_02.JPG

最近はまっている”よだれ鶏”こと「口水鶏」(コースイヂー)!!

とは、簡単にいかなかった。

この知音食堂は似たようなメニューがある。

「口水鶏」(よだれ鶏)ともう一つ「鉢鉢鶏」(ボーボーヂー)という始めて聞く料理がある。

chiinshokudo3_17.JPG

このメニュー表、つまり知音食堂では「口水鶏」の説明を「棒々鶏」(バンバンヂー)としている。

本来、「口水鶏」と「棒々鶏」は別物である。

蒸した鶏肉を包丁で切るか、名前の通り棒で叩いてほぐす。(実際は手でほぐすが)

なによりタレが違う。辛味噌ベースか芝麻醤など胡麻ベースか。

でも、実際はあまり境界は無いらしい。

そもそも、日本で知られている「棒々鶏」は「麻婆豆腐」などと同じように日本人向けにアレンジされた別の料理だとか。

本場四川の「棒々鶏」は「口水鶏」に近いらしい。

と、なると「口水鶏」との違いは何か。

ますます分からなくなってきた。

chiinshokudo3_19.JPG

で、知音食堂では「鉢鉢鶏」が「口水鶏」に近そうなイメージだった。

はたして、多分正解かも。

辛味噌、辣油に黒酢で酸味のある冷菜であった。

ご飯に載せてもうまい。

chiinshokudo3_20.JPG

鶏肉の下にはキクラゲが敷き詰めてありました。

よし、次回は「口水鶏」を注文してみよう。

ちなみに、「鉢鉢鶏」は本来、激辛四川串煮込みである。

ビジュアル的には日本の串カツのようなイメージ。もしくは名古屋の串どて煮とか。

chiinshokudo3_14.JPG

主役登場。

よし!!

「水煮肉片」は調理の最後に表面に熱々の油を回し掛けしてあるので、いきなり食べ始めると火傷します。

過去の経験。

なので、「鉢鉢鶏」をまずは完食。

chiinshokudo3_07.JPG

そして、「水煮肉片」に着手。

最初にスープを飲んでみる。

唐辛子と花椒をよけながらスープをすくって口に運ぶ。

う、うめ〜。

あれ、辛さにすっかり耐性が着いたのか、どんどん飲めてしまう。

chiinshokudo3_21.JPG

さて、豚肉をサルベージ。

相変わらず柔らかい。

同料理したらこんなに柔らかくなるのだろう。

chiinshokudo3_22.JPG

オン・ザ・ライス。

いや〜最高!!

chiinshokudo3_24.JPG

底に敷き詰められた豆モヤシも救出。

そして、胃へ。

いつもは、この小ぶりなご飯をお代わりするのだけど、今日はそんなにご飯がいらなかった。

結構なペースでパクパク食べ進める。

chiinshokudo3_26.JPG

ラストスパート。

ああ、完食。

うまかった〜。

ごちそうさまでした。


『知音食堂』(食べログ)
電話:03-5951-8288 (お問い合わせ専用番号)
住所:東京都豊島区西池袋1-24-1 宮川ビル B1F
営業時間:[月・火]11:30〜24:00(L.O23:30)
[水〜日]11:30〜翌2:00(L.O1:30)
定休日:年中無休


この記事はあなたのの役に立ちましたでしょうか?
よろしけれは、ポチッと応援をお願いします。

 ↓   ↓
人気ブログランキングへ
posted by 太泉八雲 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり、食散歩[中華]

2016年02月28日

ぶらり、またまた池袋北口の『知音食堂』で水煮鶏肉を食べてみた

chion03_07.JPG

やばい、やばいぞ。

四川の辛さには中毒性がある。まじで…

またまたまた、無性に四川料理が食べたくなってきた。
それも池袋にある『知音食堂』(ちいんちょくどう)の本格四川料理へ行ってきました。

【続きを読む】ぶらり、またまた池袋北口の『知音食堂』で水煮鶏肉を食べてみた
posted by 太泉八雲 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり、食散歩[中華]

2016年01月22日

ぶらり、また池袋北口の『知音食堂』で麻婆茄子と水煮牛肉を食べてみた

chiinshokudo2_top.JPG

やばい。

四川の辛さには中毒性がある。

またまた無性に四川料理が食べたくなってきた。
それも池袋にある『知音食堂』(ちいんちょくどう)の本格四川料理が。

【続きを読む】ぶらり、また池袋北口の『知音食堂』で麻婆茄子と水煮牛肉を食べてみた
posted by 太泉八雲 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり、食散歩[中華]

2013年02月03日

ぶらり、新宿四谷・純広東家庭料理 嘉賓(かひん)へいってみた

kahin_02.JPG

今日は新宿に用事があったので、お昼にちょっと四谷まで足を伸ばして中華料理を食べにいってきました。

純広東家庭料理 嘉賓(かひん)

というお店で、水餃子と「カキソース和えソバ」が有名な四谷の老舗中華店です。

なかでも「カキソース和えソバ」は俳優の中尾彬氏をはじめ、多くの著名人が絶賛する料理らしく、それでいてシンプルでかつリーズナブルな価格という事で、前々から興味があり、一度行ってみたかったのです。

>>続きを読む:ぶらり、新宿四谷・純広東家庭料理 嘉賓(かひん)へいってみた
posted by 太泉八雲 at 15:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり、食散歩[中華]